もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描き、プログラミングなど!

【BLUE PROTOCOL】対応するゲームパッドとコンフィグ設定について【PC】

BLUE PROTOCOLに対応したゲームパッド

PC用アクションオンラインRPG「BLUE PROTOCOL(ブルプロ)」に興味があったので公式の配信をチェックすると主要なゲームパッドに対応済でした。

日本マイクロソフト株式会社 / Xbox One Wired PC Controller 4N6-00003

Xbox OneのコントローラーでPCにも対応しています。 

 

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント / PS4用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)

PS4の標準ゲームコントローラーなので、一番数が多いんじゃないでしょうか。

 

株式会社ロジクール / ゲームパッド F310r

2000円しない安さが魅力です。 

 

エレコム株式会社 / ゲームパッド JC-FU2912FBK

上のF310rより安いです。1400円くらいでした。 

 

コンフィグ設定

操作デバイスは

  • マウス+キーボード
  • ゲームパッド

に対応していて、PC用ゲームなのでまずはキーボード+マウスに対応したそうです。

コンフィグは各クラス(イージスファイター、ツインストライカー、ブラストアーチャー、スペルキャスター)毎に設定を保存可能です。

ゲームパッドはボタンの組み合わせで使用するので配置を憶えるまでは大変そう。

f:id:TokSok:20200329221053j:plain

 

キーボード+マウスの場合は使用するキーが多いため多ボタンマウスの方が操作しやすいようで、ロジクールのG600や

Razer Nagaなどの側面に12キーボタンが付いているものがいいと思います。 

 

私がSteamゲームなどで使用しているHORI EDGE 301は対応ゲームパッドに記載はありませんが、公式で動作確認が取れていないだけで、使えるとは思います。

mobilog.hateblo.jp

以上、ブルプロの対応ゲームパッド紹介記事でした。 

f:id:TokSok:20200330003932p:plain

 

iPad Pro 2020モデルに液晶保護フィルムを貼って使ってみたので使用感など!

液晶保護フィルムが欲しい

iPad Pro 2020モデルを購入して数日経ちました。iPad Proの液晶ディスプレイは非常に高精細で美しく、また手触りも大変良いのですが、お絵描き、読書、動画視聴で使用するにはやはり「アンチグレア」の保護フィルムが欲しくなります。室内・室外で光を反射してけっこう邪魔なのです。

mobilog.hateblo.jp

Wacomの液タブだと最初からアンチグレアフィルムが貼ってあるので新たにフィルムを貼る必要がないのですが、こういうところAppleは気が利かないですよねー...。 

mobilog.hateblo.jp

というわけでアンチグレアの保護フィルムでペーパーライクな製品を購入することにしました。こちらの12.9インチモデル用です。

本当はガラス製品が欲しいんですが、強度と手触りがいい分、そっちはお高いようです。

フィルムを貼る

到着までけっこう待ちました。3日くらいかかりましたね。iPad Pro 2020モデルがけっこう売れててフィルムの在庫もあんまりないんでしょうか?

 

気泡が入り込んだりして悪戦苦闘しつつどうにかフィルムを貼り付けることができました。(過去最高レベルの難易度でした...)

光の反射はかなり抑え込むことができてますね。

f:id:TokSok:20200328231436j:plain

フィルムの手触り感は「ザラザラ」。期待していた紙(コピー用紙)のサラサラ感ではなかったです。このザラザラ感だと早めにペン先がなくなりそうだったので4個入りのペン先を買っておきました。 

Apple Pencilチップ - 4個入り

Apple Pencilチップ - 4個入り

  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: Personal Computers
 

ペン先はApple StoreだけでなくAmazonでも純正品が買えました。 

お絵描きで使う 

フィルムを貼って落書きをしてみたのですが、ザラザラした抵抗感があり、紙質には似ている感じです。が、ペン先の消耗は激しそう・・・。 

f:id:TokSok:20200328231447j:plain

指先が乾燥しているときはいいですけど、コップを持ったりして水分を含んだ時はフリック操作で引っかかりそうですね。

余談:全自動彩色機能を使うとこんな感じになります。AIで人型を判定したのですかね。ヒント色を使うともっと精度の高い塗りになるのかな。

f:id:TokSok:20200329005111j:plain

 

個人的には以前iPad Pro 2018モデルで使用していた他社製のフィルムの方が好感触でした。

今回購入したJPフィルター専門製造所の保護フィルムにはiPad Pro用のスリーブも付いてきたのですが、その分高くなっているように思えて、既にケースを持っている人には不要だと思いました。 

電子書籍を読む

反射が抑えられる分、電子書籍は読みやすくなりました。

電子書籍は背景が白い分、 目が疲れやすいのでアンチグレアが役立ちます。

 

動画を視聴する

Amazonプライムビデオでソードアート・オンラインを視聴してみましたが、反射はかなり抑えられたものの、iPad Proの美しい液晶での描画表現がかなり残念なことになりました。動画メインで使う人にはガラスタイプの液晶フィルムがいいかもしれません。 

エレコム iPad Pro 12.9 2020 保護フィルム リアルガラス 0.33mm TB-A20PLFLGG
 

ただし、ガラスフィルムは高いです。PS4かNintendo Switchのゲームが買えちゃいます。(高!) 

 

個人的にオススメの保護フィルムは上記で紹介したケント紙タイプの保護フィルムですね。iPadの過去モデルで使っていた時はコストパフォーマンスに優れていて気に入ってました。

 

以上、iPad Pro 2020モデル用液晶保護フィルムのレビュー記事でした。(異種族レビュアーズ風にいうと5点!)

iPad Pro 2020 持ち歩き1日目の感想など!

購入したばかりのiPad Pro 2020(12.9インチ)をリュックサックに入れて携帯してます。iPad Pro 2018(10.5インチ)と比べると手で持つ分にはやっぱり重いですね。全重量だとスマホ1台分の差なんですけど、広くなった分、片手で持つと重く感じます。

mobilog.hateblo.jp

 

旧モデルと比べて違いを感じたのはFace IDの認証速度でしょうか。顔認証機能ですけど速くなった気がします。一瞬でロック解除されて妙な爽快感があります。

Wifi+セルラーモデルなので出先でそのまま通信できるのもいいですよね。快適!(*'ω'*)

 

第二世代 Apple Pencil は旧モデルで使っていたものから引き続き使っているので使用感は変わっていません。

 

不便に感じたのは本体ではなくケースの方です。

Amazonで軽量ケースを選んで購入したのですけど、Apple Pencil の収納がない製品だったので失くしそうでちょっと心配です。

f:id:TokSok:20200326234722j:plain

お絵描きしやすい角度をみつけようと折りたたみ位置をいろいろ変えてます。上の写真のように本来の折りたたみ方向と逆にすると場所を取らず、作業しやすいように思いました。 

 

ところでスコープドッグカメラってARがどうのとAppleは新機能推しだったんですけど、使いこなせていないのでよくわかりません。ゴツいカメラだなぁ・・・。

iPad Pro 2020年モデル(12.9インチ Wifi+セルラー)が届きました!

先日注文しておいたiPad Pro 2020年モデル(Wifi+セルラー)が届きました。

平日に帰宅して宅配ボックスから取り出してセットアップだけ行い、まだあんまり使ってません。早速明日から持ち歩いてお絵描き・読書・動画視聴に使いたいと思います。

mobilog.hateblo.jp

iPad Proを開封

配送用のダンボールから取り出します。

f:id:TokSok:20200326003225j:plain

 

外箱はiPad Pro 2018年モデルより色が鮮やかになっていますね。

f:id:TokSok:20200326003234j:plain

 

外箱を開けてみるとiPad Proの画面が最初に見えます。

f:id:TokSok:20200326003242j:plain

 

iPad Pro本体を取り出すとアクセサリー類が見えます。

f:id:TokSok:20200326003252j:plain

 

説明書類を取り出すとその下から充電アダプタとUSB-Cケーブルが出てきました。

f:id:TokSok:20200326003301j:plain

ここまでいつものiPadらしい内容物です。 

 

外見的に違いがはっきりとわかるのはカメラ。

f:id:TokSok:20200326003311j:plain

確かにネットの評判どおり、スコープドッグっぽい外見です。 

 

側面にはnano-SIMを装着するスロットがあります。専用の金具で穴を押して取り出します。

f:id:TokSok:20200326003319j:plain

セットアップはいつものようにカメラでQRコードを読み取り、楽天モバイルのサイトからプロファイルをダウンロードしてインストールを行いました。

 

iPad Pro 2018年モデル(11インチ)と比較してみました。

f:id:TokSok:20200326003328j:plain

 

iPad Pro 2020用ケース

iPad Proを注文するのと一緒に、Amazonでケースも購入しておきました。こちらはiPad Pro到着の前日に届いていました。

f:id:TokSok:20200326003336j:plain

 カメラ付近がやはり独特の形状をしています。

 重さはさほど重くはないです。そこまで軽量というほどではないですね。

Apple Pencil用のストッパーがあるのはよかったです。(ないと失くしそう) 

 本体+ケースの分だけ重くなりますが、さすがにケースなしで持ち歩くのは怖いのでそこは我慢。通勤時間や昼休みを利用して試していこうと思います。

 

持ち歩き初日の感想記事はこちら。

mobilog.hateblo.jp

iPad Pro 12.9インチ 2020年モデルを注文しました

iPad Pro 2020

先日発表されたiPad Pro 2020年モデルの12.9インチモデル(Wifi + セルラー)をApple Storeで注文しました。到着まで3~5営業日だそうです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/TokSok/20200318/20200318214807.jpg

 

ネットで話題になっていたキーボードは注文しませんでした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/TokSok/20200318/20200318214827.jpg

私のiPad Proの使用用途は主に読書、動画視聴、そしてお絵描きです。文章入力はMacBookかデスクトップPCを使うのでさほど必要ではないです。(全部iPadで完結したいなら必要でしょうけど)

mobilog.hateblo.jp

購入理由 

購入理由としては、お絵描き用途に11インチサイズの画面では厳しかったためです。

CLIP STUDIO PAINTをPC版と同じワークスペースで使うには11インチは狭すぎました。タブレットUIだと使い勝手が違ってストレスになるのでPC版と同じワークスペースで使っているのが要因ではあるのですが。

mobilog.hateblo.jp

12.9インチだとやや重くなりますが、Wifi+セルラーモデルにして出先でも気軽に使えるようになると、11インチでは画面の狭さが気になるようになり、数ヶ月使ってみた結果、悩んだ末に結局12.9インチモデルを選択することになりました。

新MacBook Airは購入見送り

MacBook使いには大人気のMacBook Air 2020年モデルは当分の間購入見送りです。新MacBook Airは本当に欲しい機能・性能が揃ったコストパフォーマンスも高いモデルなのですが、

mobilog.hateblo.jp

今年、Mac miniを買ったばかりなんですよ・・・。運が悪い。(ノД`)

でもMacの用途はプログラミングとApple TV視聴なので、デスクトップモデルを選択して良かったのかもしれません。

mobilog.hateblo.jp

 

液タブでお絵描きする際は意外とMacBookが便利です。Macの場合、メイン画面を液タブにするといろいろと面倒なのですが、MacBookだと本体のみ使用する場合は、液タブを取り外せばすぐに本体側モニタがメインモニタに変わるのでストレスがありません。

文章作成とCLIP STUDIO PAINTを使うくらいの用途だとMacBook(2017年モデルでメモリ8GB)でも性能的には十分ですね。しばらくMacBookでがんばります。(ただ、iPad版と比べるとやはり起動の遅さが気になる・・・)

mobilog.hateblo.jp

早すぎる?iPad Pro用ケースのAmazonレビュー

そうそう、iPad Pro用に早速ケースをAmazonで探して注文したのですが、中には3月上旬あたりにレビューが高評価でついていたりもして、あれが噂の業者を使った不正レビューなのですかね。

購入の際はなるべく怪しげなレビューが付いていないものにしておきました。

【お絵描き】液タブ「Wacom One」をMacBookに接続して使う場合に必要な設定について

Wacom OneをMacBookで使いたい

先日購入したWacom製の液晶タブレット「Wacom One」をMacBook(12インチ)でも使ってみることにしました。

mobilog.hateblo.jp

接続する

接続にはAppleの「Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ」を使用しました。 

f:id:TokSok:20200320214455j:plain

MacBookはUSB-Cポート一つしかなく、HDMIポートもないのでUSB-CとHDMIが使用できるアダプタは必須です。 

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: Personal Computers
 

純正品は高いのでサードパーティ製でもよかったのですが、会社で使っているサードパーティ製品でもたまにポートが使えなくなったりとトラブルが起きていたので、Apple純正にしておきました。

ドライバなどのセットアップ 

セットアップは機器接続後にWacomのサイトからドライバをインストールすることになります。MacOS用ドライバはこちらから入手しました。

Wacom-One| Wacom

 

MacOS 10.15 Catalina はそれ自体がいろいろと面倒ですが、Wacom Oneを使うにはさらに設定が必要でこちらのページを参考にセットアップします。

www.wacom.com

 

しかし、なぜかWacomのページにも間違い?があり、

次に[セキュリティとプライバシー]のウインドウに戻り[入力監視]までスクロールし、WacomTabletDriverとWacomTouchDriver(タッチ搭載製品の場合)にチェックマークを入れカギを閉じます。  

 Wacom Oneの場合は「入力監視」ではなく、「アクセシビリティ」に「WacomTabletDriver」の登録とチェックが必要でした。(Wacom Oneは指でタッチする機能はないので)

f:id:TokSok:20200320214621j:plain

 

ペイントソフト用にディスプレイ設定を行う

CLIP STUDIO PAINTなどのペイントソフトで利用するにはもう一工夫必要で、MacBookでなくWacom One側をメインディスプレイに設定する必要があります。これでCLIP STUDIO PAINTをWacom One側のディスプレイで快適に使えます。

f:id:TokSok:20200320214551j:plain

 

Wacom Oneの付属品

Wacom Oneで感心したのは製品裏面にペンの替芯が付いていたことですね。  

f:id:TokSok:20200320214604j:plain

Apple Pencilは第2世代から替芯が付いていなかったので、初心者向け製品にもこういう付属品を付けてくるWacomの顧客サポートに感心してしまいました。さすがお絵描きタブレット界の王様ですね。

 

じつはMac mini もマイナーチェンジしてました!

昨日はNew iPad Pro、New MacBook AirなどAppleの2020年新モデルでTwitterのタイムラインが盛り上がりましたが、こっそりMac miniもアップデートされていました。

f:id:TokSok:20200319220335j:plain

まるで間違い探しのようなApple StoreのMac miniのページですけど、変更点はストレージと価格設定です。SSDの容量が2倍になり、お安くなっているんですね。 

f:id:TokSok:20200319214753j:plain

メモリを16GBにする人が多いと思うので少しでも安くなるのは嬉しいですね。

 

でも私、つい先月Mac mini買ったんですけどね・・・。ええ、とてもいいハードウェアだと思います・・・。

mobilog.hateblo.jp

Mac miniは個人ユースだけでなく、企業でビルドマシンにも使われていて人気があるんです。

こういう1Uサイズでラッキングできる製品もあります。 

JenkinsのNodeとしても

  • Mac
  • Andorid
  • iOS

などのバイナリ用のビルドマシンとして重宝します。

mobilog.hateblo.jp

個人ユースだとウルトラワイドモニタを使えば、プログラミングもApple TV視聴も捗りますよ!(*'ω'*)

mobilog.hateblo.jp

MacBook Airにクアッドコアの2020年新モデル登場!

Appleが以前から噂されていた13インチモデルMacBookの新モデルを発表しました。発表されたのはMacBook Airのクアッドコアモデルです。Apple Storeで確認するとオプションとしてこれまでのデュアルコアモデルに加えてCore i5/i7のクアッドコアモデルを選択できるようになっています。

f:id:TokSok:20200318232858j:plain

ストレージは256GB、512GBに変更されています。また、1TB・2TBも選択可能です。

 

特筆すべき変更点はキーボードです。16インチMacBook Proに搭載されているシザー構造のキーボードが新MacBook Airでも搭載されています。

f:id:TokSok:20200318232948j:plain

価格は10万4800円から。

Core i5クアッドコア・512GBモデルでも134800円からになっており、非常に安価な価格設定になっています。

Touch IDもありますし、ファンクションキーも物理キーです。仕様的にMacBookファンが待ち望んでいた出来になっていると思います!(*'ω'*)<私もほしい! 

iPad Proに2020年新モデル登場!

Apple StoreをチェックするとiPad Proの新モデルが発表されていました。

f:id:TokSok:20200318214807j:plain

Apple Pencilは第2世代に対応しています。

 

カメラは12MP広角カメラ。

f:id:TokSok:20200318214817j:plain

 

注目したのはアクセサリーで、新しいキーボードはなんとトラックパッド付きでした!

f:id:TokSok:20200318214827j:plain

キーボードを装着すると、ほとんどMacBookの外観です・・・。なるほどMacBookの後継は作らずその役割にiPad Proが入り込む、というか兼ねるわけですね。

しかしこのMagic Keyboardですが、価格が非常にお高いです。11インチ用で31800円と表示されていました。

 

New iPad Pro(2020モデル)の価格は8万4800円からでした。既に購入ボタンが表示されていました。11インチ、12.9インチがあり、WiFi、WiFi+Cellularモデルが用意されています。

【レビュー】iPad Pro用Bluetooth接続キーボード一体型ケースを購入したので使用感など!

iPad Pro用にキーボードが欲しい

最近は iPad Pro 11インチモデルをほとんど毎日持ち歩いているので、MacBookを使う機会がかなり減ってきました。

どうせなら文字入力する作業もiPad Proでやってしまおうと思い、Bluetooth接続キーボードを購入することにしました。これでどこででもキータイプする作業ができるようになります。 CLIP STUDIO PAINTのショートカットキーも使えますね。

今回購入したのはこちらのロジクール製キーボード一体型ケース「SLIM FOLIO PRO 」です。

開封する

Apple純正よりは安いですが、それでも1万円を超える品物です。重量感があります。

f:id:TokSok:20200314135638j:plain

キーボードのキー配置はほぼMacに近いものになってますね。

ケースを装着する 

f:id:TokSok:20200314140124j:plain

ケースを装着してみました。

最初にBluetooth接続設定(ペアリング)さえしてしまえば、iPad Proをキーボードケース上に配置するだけで使用できます。配置しなければキーは効かないので誤操作の心配もありません。これはけっこう便利かも。

キーで画面を閉じることも、画面を消灯させることもできます。極力 iPad Pro側を操作しなくてよいような作りになっているんですね。

Apple Pencilの収納場所もありました。iPad Proの側面に磁石で付けただけだと失くしそうで心配だったので落下防止用の収納があるのはいいですね。

使用感

本製品の難点は予想よりも重量があることでしょうか。iPad Pro本体 + キーボード一体型ケースの重さはけっこうなもので、気軽に片手で取り回すことは難しくなりました。

iPad Pro 11インチモデルの良さはその携帯性なので、長所を潰しちゃうのはよくないですね。これだとiPad ProとMacBookを持ち歩いたほうがよいかもしれません。Sidecarも使えますし。

iPad Proの他に携帯性に優れるMacBook、MacBook Airを持っている人ならわざわざ購入しなくてもよかったかなという印象です。どうしても必要であれば折りたたみ式キーボードのほうがよいかもしれません。 

 

以上、iPad Pro用キーボード一体型ケースのレビュー記事でした。 

【お絵描き】iPad Pro + Apple Pencil と液タブWacom Oneの視差の違いに驚く

驚いたのは視差の違い

先日、低価格帯の液タブ「Wacom One」を購入して描き心地を試していたのですけど、iPad Pro + Apple Pencilとの違いにけっこう驚くことがありました。

mobilog.hateblo.jp

その違いは視差です。これがかなり違うんですよ。

追従性の差はないんですけど、視差はピンポイントに点を打ったりとか、線を引き始める位置だとかで違いが出てきます。キャラの輪郭とか描いてみると違いがわかりやすいかもしれません。

iPad Pro + Apple Pencil 

私はペンタブとiPad Proをそれぞれ使ってきたので視差を気にしたことがなかったのですが、Wacom Oneと比べると iPad Pro の視差はけっこう驚異的です。

f:id:TokSok:20200313015341j:plain

Apple Pencilでグリグリと線を引いてみたところです。ほとんど紙に鉛筆やペンで書いているような感じです。 

f:id:TokSok:20200313015350j:plain

この感覚に慣れきっていて、これが凄いことだということに全く気がついていませんでした。

 

※反射防止のためにiPad Proの画面表面にはペーパーライクフィルムを貼り付けています。 

 

Wacom One

次にWacom Oneなのですが、視差がかなり違います。

f:id:TokSok:20200313015509j:plain

追従性に性能差はほとんどないのですけど(ハードウェアの価格差を考えるとこれもすごいのだけど)、 

f:id:TokSok:20200313015512j:plain

描き始めの位置がちょっとずれるんですよね。iPad Pro + Apple Pencilに慣れた人が CLIP STUDIO PAINT 上でメニューをペンでタッチしようとすると、ちょっとずれが生じて操作しにくいんです。Wacom Oneだとピンポイントに小さなツールアイコンを押すのがやりづらい感じです。 

 

iPadの「Pro」に納得 

今まで特に気にせず使っていた iPad Pro がなぜ「Pro」と名付けられているのかちょっとだけわかった気がしました。この描き心地ならプロユースで人気があるわけだ!と納得しちゃいますね。

mobilog.hateblo.jp

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.