もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描きの記事が中心のブログです!

【クリスタ】バージョン1.11.0からMac版でアプリケーションフレームが使用できるように

今月下旬にCLIP STUDIO PAINTのバージョン1.11.0がリリースされるそうですが、アップデート内容をチェックすると気になる新機能がありました。

www.clipstudio.net

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT(Windows版/macOS版/iPad版/iPhone版/Galaxy版/Android版/Chromebook版) Ver.1.11.0アップデータを9月28日(火)に公開予定です。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.11.0にアップデートいたします。 

 

それがこちら。Mac版のアプリケーションフレーム対応です。

アプリケーションフレームを使用できるようになります。[環境設定]ダイアログ→[インターフェース]の[アプリケーションフレームを使用する]より切り替えられます。 

 

公式の動画を確認するとクリスタを掴んで移動させていますね。

f:id:TokSok:20210923212842j:plain

CLIP STUDIO PAINT

これは非常に待ち望んでいた機能です。Windows版と違い、Mac版はそれぞれのWindowが独立していて実質サブディスプレイに移動できず、Wacom Oneなど液タブ側をメインに設定する必要があり、手間だったんですよね。

mobilog.hateblo.jp

 

 

Macでお絵描きする人には嬉しい追加機能ですね。

 

CLIP STUDIO PAINTはProグレードがコストパフォーマンスが良く、オススメです。

 

【Mac】M1 Mac向けに正式リリースされたDockerをインストールしました

今年のゴールデンウィークも首都圏は緊急事態宣言の中、自宅で過ごすことになりました。11連休を無為に過ごすのももったいないと思ったので、普段時間がなくてやれないことにチャレンジしてみたいと思います。 

 

まず思いついたのは、Dotinstallで日常の業務でカバーしきれていない技術について勉強することです。久々にDotinstallの講座をチェックすると、どうやら今後の講座はDockerを使用したものが増えていくようでした。

MacでDockerというとまだIntel Mac版がメインで、私が使っているM1 MacBook Airでは開発者向けにプレビュー版が提供されていたのですが、今月になって一般提供が始まったそうです。

 

M1 Mac用Dockerプレビュー版はインストールしていたものの、業務ではIntel Mac +VirtualBox+サーバー群を使用しているため、結局最初のチュートリアルを試す程度で終わっていました。

mobilog.hateblo.jp

 

しかし、そのうち仕事で使用しているIntel MacもApple Silicon Macに置き換わるでしょうし(その頃にはM2 Macかな?)、Apple Silicon MacでLinuxサーバー用x86_64バイナリをビルドするにはDockerが必要になりそうです。 (仕事ではGo言語も多少使います)

 

というわけで今月リリースされたM1 Mac用Docker(一般提供版)をインストールして勉強することにしました。

www.docker.com

Google翻訳

本日、Docker Desktop for Mac [Apple Silicon]の一般提供を発表できることを嬉しく思います。引き続き、コミュニティの開発者がローカル開発環境を選択できるようサポートします。

 

先にDockerプレビュー版はアンインストールしておき(プレビュー版は起動しなくなっていました)、インストール方法は公式の記載どおりに進めて、チュートリアルもやっておきました。

チュートリアルは簡単で起動されたDockerの画面でボタンを押すとコンソール画面で処理が進んでいきます。

docs.docker.com

 

インストールするとDockerアイコンの変化に気が付きました。プレビュー版と違い、丸いアイコンになっていますね。

f:id:TokSok:20210429085154p:plain

Dockerアイコン

Dockerというと開発者向けのイメージがあったのですが、最近は仮想化技術の初心者向け書籍だけでなく、サーバー監視向けの書籍にも出てくるようになっています。

図解即戦力 仮想化&コンテナがこれ1冊でしっかりわかる教科書

図解即戦力 仮想化&コンテナがこれ1冊でしっかりわかる教科書

 

 

わかばちゃんと学ぶシリーズにもDockerが登場しますね。(わかば本はGit・Web系など読ませていただきました)

わかばちゃんと学ぶ サーバー監視

わかばちゃんと学ぶ サーバー監視

 

 

業務では物理マシン・サーバーを相手にすることが多いため、これまでDockerを使用することはなかったのですが、近いうちに自分の仕事でも必須になりそうなのでこの機会に勉強してみることにします。👍

【Mac】macOSでディスクボリュームのサイズを調整する方法

ボリュームのサイズが少なくて困る

Intel Mac(Mac mini: macOS Catalina)でXcodeのビルドに使用しているボリュームのサイズが足りなくなってしまい、対処に困っていたのですが、Apple公式サポートページに対処方法が記載されていたのを見つけました。 

 

support.apple.com

このページの「ストレージデバイスのパーティションを拡大する」を試したところ、ディスクユーティリティを使用してmacOSを起動したまま作業を行うことができました。(作業中、OS再起動はありませんでした)

f:id:TokSok:20210417112124p:plain

ディスクユーティリティ

 Macを使い始めてまだ2年程度ですけど、ディスクユーティリティはストレージを初期化する際に使っていました。MacBookを売却する際に使いましたね。

f:id:TokSok:20210417112143p:plain

パーティション作成

ボリュームサイズの調整を行う

私の場合はシステムボリュームには余裕があり、 ビルド用のボリュームが不足していたので以下の手順で作業しました。

  1. 該当ボリュームのバックアップを取ってから削除する
  2. システムディスクのサイズを減らす
  3. 新たにビルド用のボリュームを作成する
  4. バックアップしていたファイルを新たに作成したボリュームに戻す

ここまでOS再起動なしに作業することができました。待ち時間も数分程度でした。Windowsのファイルシステムと比べると随分と柔軟ですね。

 

バックアップには本体から給電できるタイプのUSB HDDを使用しています。ディスクサイズが2TBあるのでTimeMachine用とファイルバックアップ用とでパーティションを分けています。

 

接続にはApple純正USBアダプタを使用しています。サードパーティでもいいのですが、トラブルを避けるために純正品利用です。

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: Personal Computers
 

 

M1 Macの人気がすごいですが、仕事ではIntel Macをまだまだ使うことになりそうです。

※記事中に使用した画像はM1 MacBook Air (macOS Big Sur)のスクリーンショットです。

在宅勤務でMacの前に長時間座っている毎日ですが、運動不足にならない方法を考えてみました

スタンディングデスク環境を模索する

コロナ禍で在宅勤務がもうすぐ1年になろうかとしています。

気になることとしては、出勤していた頃と比べると運動不足になってきたかなーという実感があります。体重は当時より減ったのですが、これはおそらく筋肉が落ちているのでは。健康面が気になります。

室内では本格的な運動はできないので、せめてスタンドデスク環境でも構築してみようと検討しました。座りっぱなしでの作業が良くないそうです。

スタンディングデスクを購入すると高いので、ノートパソコン用の折りたたみ式スタンドを購入しました。これを机の上に設置して使用します。

 

電動式昇降デスクは高いですね。4万円超えてます...。(;´Д`)

 

 

しかし作業の区切りが悪いのと設置が手間でなかなか利用頻度が上がりません。(;´Д`)<これはイカン!

ちなみに、立ち作業の時間確保は技術書籍を読む時に立って読むようにしたので改善できてはいます。

 

エアロバイクの活用 

そこで、Youtube等での技術動画視聴の際に、使わなくなったエアロバイクを活用してみようと思いました。 

f:id:TokSok:20210312070939j:plain

Youtubeでプログラミング勉強+エアロバイク

Youtubeでプログラミング講座の動画を視聴しつつ、10分~15分程度ではありますが軽くエアロバイクで運動します。

やってみた結果、これはなかなかいいですね。溜まっていたプログラミング系動画の消化もできますし、運動不足も解消できました。(最近はフロントエンド系の未視聴動画が溜まっていました)

 

ドラマやアニメ一本を視聴すると時間が長すぎるので、Youtubeの動画一本程度が無難かなと思います。 10分~15分というとちょうどプログラミング系の動画がそのくらいの長さなんですよね。

映画やアニメはさすがに休みの日にゆっくり座って見たいです。(;´Д`)<作品を楽しみたいし!

 

Apple M1 MacBookのバッテリー持ちが役立つ

こういう時役立つのはApple M1搭載MacBook Airですね。バッテリーの持ちも良く、ファンレスで動画視聴に最適です。軽いので持ち運びしやすいですし。(Intel CPUの頃は空冷ファンの音が凄かった...)

そのうちVR+エアロバイクで仮想空間サイクリングなんてコンテンツサービスもどこかで始まるかもしれないですね。

【仮想通貨】Apple M1 MacBook AirでMinerGateを使用してMONERO(XMR)マイニングを試してみました!【Mac】

M1 Macで仮想通貨のマイニングは可能なのか?

Apple M1 MacBook Airで仮想通貨のマイニングができるのか試してみました。

CPUマイニングといえば仮想通貨のMonero(XMR)を思い出したので、MinerGateをダウンロードしてWindows・Macの両方でCPUマイニングを実行してみました。 

f:id:TokSok:20210227223925j:plain

MinerGateはこちらからダウンロードしました。

https://minergate.com/downloads

 

Windows PCでCPUマイニング

マイニング結果の比較確認用にデスクトップPCでもマイニングを実行し、ハッシュレートと消費電力を計測してみました。

MinerGateの実行にはゲーミングPCを使用しています。

mobilog.hateblo.jp

 

CPUに Intel Core i5-8600K 3.6GHz を使用して、

ハッシュレート: 932 H/s(2コア使用)
消費電力: 25〜30Wほど増加

 という結果でした。さすがにGPUと比べるとかなり劣ります。CPUだとコストパフォーマンス(ワットパフォーマンス)が悪すぎてやらないほうがいいですね。NiceHashにおまかせしたほうがよさそうです。

消費電力の計測にはAmazonで一番安かった「節電 エコチェッカー ET30D」を使用しました。

節電 エコチェッカー ET30D

節電 エコチェッカー ET30D

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

Apple M1 MacBook AirでCPUマイニング

次に2020年末に発売された MacBook Air(Apple Silicon)でMinerGateを試しました。

スコア的にはノート型のわりに意外に検討していました。

778〜787 H/s(8コア中の7コアを使用) 

 

しかし、マイニングはやはり負荷が高いのか熱が発生していました。M1 MacBook Airが熱をもったのは初めてですね...。

負荷を下げようと使用コアを減らすとなぜかスコアが上がりました。

791〜796 H/s(4コア使用時)

600H/s(2コア使用時)

 

MacBook Airはファンレスモデルのために、ひょっとしたら熱が発生するとCPUパワーを下げるのかもしれないですね。8コア中7コア使うより半分くらいのコア数にしておいたほうがよさそうです。

f:id:TokSok:20210227223448j:plain

MinerGate 実行

M1 MacBook Airの消費電力的にはレビューサイトを見ると、Final Cut Pro Xで書き出し時でも12W程度らしいのでIntel CPUを搭載したデスクトップPCでマイニングするよりコスパは良さそうです。なにか作業をしながらでもマイニングができるかも。実際、MinerGateを実行しつつ、この記事を書いています。カクツキも発生しないでですね。これはすごい。👍

thehikaku.net

高い解像度のディスプレイを搭載しているのにも関わらず、アイドル時の消費電力が4Wと非常に低いです。また、Final Cut Pro Xで書き出ししているときでも12Wと低めです。驚くべき省電力&ワットパフォーマンスだと思います。

 

以上、M1 MacBook AirはCPUマイニングでも優秀でした。 これ、CPUマイニングのワットパフォーマンス的にはダントツなのでは...。

MinerGateでマイニングしつつ、ブログの記事作成や画像加工が余裕でした。👍

 

【お絵描き】Apple M1正式対応ワコムドライバをインストールしたMacBook Airで液タブWacom Oneを使ってみる

液タブ Wacom OneをApple M1 Macで使う

MacBook Air(Apple M1)に正式対応したWacomドライバをインストールして日が経ちましたが、その間板タブの「One by Wacom」を使用していました。USBでお手軽に接続するだけなので持ち運びもしやすく使い勝手がすこぶるよいのですが、そろそろ液タブ「Wacom One」も試さねば。

mobilog.hateblo.jp

 

液タブを接続する

Wacom Oneの接続には

  • HDMIケーブル
  • USB接続ケーブル
  • 電源ケーブル

の計3本を使用しますが、ケーブルだらけで煩雑になりがちなので今回は秘密兵器を用意しました。

f:id:TokSok:20210303233651j:plain

LENTION 4ポートUSB Type-C HUB

LENTION USB Type-C HUB(給電・HDMIポート付き)にWacom Oneのケーブルを全部接続して、MacBook Airに接続します。これ非常に便利でして、給電はMacBook Air・Wacom Oneともに行われます。Wacom OneにACアダプタを接続する必要がないんですね。 

問題なく動作 

Wacom One とMacBook Airを接続して使ってみましたが、Apple M1対応の正式ドライバではWacom One側のシステムメニューもちゃんとタッチでき、ペン操作も問題なく行えました。Apple M1用のワコムドライバはなかなかいいですね。Catalina時代はドライバの問題に苦しんだのに。Big Surではインストールで困ることがないです。

f:id:TokSok:20210303233751j:plain

MacBook Airと接続して使用する

Mac でWacom Oneを使うコツはWacom One側をメインモニタにすることですね。CLIP STUDIO PAINTをWacom One側で使うために必要です。 

左にMacBook Airを置いてショートカットキーデバイスにしています。13インチのMacBookなので横に置いても邪魔になりません。

描き心地も問題ないです。線も気持ちよく引けました。

最近は板タブばかり使っていましたけど、時間のある時は液タブも使いたいですね。

書籍予約しました 

板タブといえばイラストレーターのさいとうなおき氏、書籍を出版されるそうで私も予約しておきました。Youtubeで動画をアップロードしている絵師の方は液タブを使っていることが多いんですけど、さいとうなおき氏は板タブ愛用者だそうで、よく動画を参考にさせてもらっています。(さいとうなおき氏はPhotoshopを使用されています)

うまく描くの禁止-ツラくないイラスト上達法-

うまく描くの禁止-ツラくないイラスト上達法-

 

 

FF14はApple Silicon Mac(M1)でプレイできる?

このところ仕事が忙しくてあんまりゲームをプレイしていなかったのですが、YoutubeでFF14新情報発表会を視聴してまたゲーム熱が再燃してきました。

といっても昨年末に大作PCゲームを立て続けにプレイしてきたのであんまりやりたいタイトルはありません。Steam・PS4で積みゲーもまだまだたくさんあります。(;´Д`)

mobilog.hateblo.jp

そこで変わったことをやってみたいなーと思いまして、FF14 Mac版はApple Silicon Mac(M1)で動くのか試したくなりました。

昨年、M1 MacBook AirをApple Storeで購入して主にプログラミングやお絵描き、ブログの記事を書くのに使っていたんですが、ゲームにはほとんど使っていませんでした。

冷却ファンはないですが、高性能なM1 MacBook Airならある程度はFF14が動くのではないかと思い調べてみました。

Lodestoneの日記を探してみると、プレイヤーの方がM1 Macでのプレイを試している記事が複数みつかりました。

jp.finalfantasyxiv.com

jp.finalfantasyxiv.com

まだ正式サポートではないものの、Mac版ではRosetta2が使われているのかプレイ自体はできるみたいですね。ただ、画面サイズは残念ながらかなり小さいサイズのようです。(フルHD未満)

コントローラーはPS4のワイヤレスコントローラーがBluetooth接続して使えるようです。

残念なのはIntel Macと違いBootcampでWindows10が利用できないのでFF14 Mac版を別途購入することになることですね。セールのうちに買っておくんだったなぁ。(;´Д`)

でも環境セットアップがうまくいけば、コロナ禍が過ぎた後、出張のお供にM1 MacBookを持っていくとどこでもFF14がプレイできるのは魅力です。その頃にはMac版もApple Siliconに正式対応してそうです。

スクウェア・エニックス e-STORE

追記(2021/05/17) 注意:Mac版FF14について

公式ストアではWindows版、Mac版のFF14 暁月のフィナーレ予約を受け付けていますが、Apple M1 Macには対応していないようなのでご注意ください。

詳しくは以下の記事に公式の対応状況を引用しています。

mobilog.hateblo.jp

Rosetta2 で動いたとしてもスクエニでは動作保証できないということですね。

【Mac】Apple Siliconに正式対応したHomebrew 3.0 をインストールする

Apple Silicon Mac(M1 Mac)発売以来、面倒だったのがHomebrew周りでした。

私はMacBook Air(M1)でターミナルをRosetta2を使用して開いているので特に問題なく使用できていたのですが、Arm64ネイティブで使いたい人は困っていたそうで。

しかし先日Apple Siliconに正式対応したHomebrew 3.0がリリースされたので煩雑な切り替え環境も改善されたのではと思います。

mobilog.hateblo.jp

早速Homebrew3.0のApple Silicon版をインストールしてみました。

インストール方法はこれまでと変わりありません。公式ページからインストールコマンドをコピペしてArm64環境で実行するだけです。途中Xcode関連のインストールで入力がある程度です。

brew.sh

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

f:id:TokSok:20210206211434j:plain
Apple Silicon 対応 Homebrewをインストール

うん、/opt/homebrew/にインストールが始まってますね!

私は環境の切り替えが面倒なので、

  • Intel Mac互換環境はRosetta2を使用してターミナルを開く
  • Arm64ネイティブ環境はiTermを開く

といった使い方にしています。(ターミナルでuname -aを確認するのが面倒くさいので)

最後にワーニングが出ているのでPATHを通しました。

これでうまくいくかはわからないですけど、一応iTermとターミナルでそれぞれwhichコマンドを実行して確認しておきました。

% which brew
/opt/homebrew/bin/brew
% which brew
/usr/local/bin/brew

ちゃんとIntel版とApple Silicon版で別のbrewコマンドを実行していますね。

とりあえずArm64ネイティブコマンドが使えるiTerm側でいろいろと遊んでみようと思います。

まずは(Arm64で)Web開発環境がちゃんと動くか試したいですね。

macOSの勉強には以下の書籍を利用しています。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。