もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描きの記事が中心のブログです!

MacBook Air M1(macOS 12.6 Monterey)で液タブ Wacom One をセットアップしようとしたところ...

先日MacBook Air(macOS Monterey 12.6)にWacomのペンタブレット(One by Wacom)用ドライバをインストールして動作確認した記事を書きました。

mobilog.hateblo.jp

 

ついでに液晶タブレット(Wacom One)のドライバもセットアップをしようと思ったのですが、ドライバをインストールする前にWacom Oneのケーブルを接続してしまいちょっと焦ったところ、Wacom デスクトップセンターが起動し、画面の指示に従うだけでセットアップが完了しました。

One by Wacomのドライバーをインストールする際に、Wacomのドライバ配布サイトで機種等選択したのですが、Apple M1用ドライバはどうも共通みたいですね。新たにドライバのダウンロードは必要ありませんでした。

今回は幸い何事もなくセットアップが完了しましたが、ドライバの初期導入はWacomのサポートページを参照して実施したほうがよいと思います。

逆に、複数のWacom製お絵描きデバイスを使っている場合は罠ですね。知らなかったらまたWacomのドライバ配布サイトで機種を選択してドライバをダウンロードし、再インストールをしていたと思います。

 

それにしてもApple M1用のドライバも安定しましたね。M1 Mac発売当初はシェアの大きいWacom製品でトラブルがあって困ったものでしたが。(;´Д`)

 

接続用周辺機器

MacBook AirとWacom Oneの接続にはLENTION製USB Type-C ハブを使用しました。これ一つでACアダプタ不要で液タブと接続できて便利です。(MacBook Airから電源供給してます)

 

MacBook Air M1(macOS 12.6 Monterey) に Wacom ドライバーをインストール

macOS を Monterey にアップデート

お絵描きに利用している MacBook Air M1を初期化してmacOSをクリーンインストールしました。購入から日が経つと環境がごちゃごちゃしてくるので、たまにクリーンインストールしたくなるんですよね。

OSクリーンインストールのやり方はAppleのサポートページを読むのですが、けっこう罠があって、Intel MacBook でOSクリーンインストールに慣れた人だと(公式のサポートページを)読まずにやりがちですが、失敗すると文鎮化するので要注意です。ここは面倒くさがらずに公式ページを探すべきだと思いました。

で、公式のサポートページにも罠があって、M1 Macの情報が欲しいのにやたらとIntel Macの情報が出てくるんですよね。

Wacom ペンタブのドライバ

OSクリーンインストールを終えたので Wacom ペンタブ(One by Wacom)のドライバをインストールします。

Montereyへの対応状況が非常に良いのか、M1 Mac購入時のドライバトラブルのようなことはなかったです。(ただし、OS再起動が必要)

macOS Monterey(macOS 12)対応のドライバはありますか。 – Wacom

 

ペンタブの動作に問題がなかったので続けて CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のインストールも行います。こちらも問題なく完了しました。

ダウンロード | CLIP STUDIO PAINT

 

クリスタ検定(ベーシック・イラスト・漫画)に受かったので、次はアニメーションを受験予定です。業界知識が必要そうなので勉強しないと。

こちらの本で勉強しています。

 

M1 Mac 発売当初と比べると、お絵描きの環境構築もずいぶん楽になりました。

最近は iPad Pro を利用することが多いのですが、PC/Mac版ではたまに板タブを利用しています。

利用環境

個人的にはコスパ抜群でオススメなのが以下の環境です。(しかし、最近の円安によってApple製品は若干高値に)

 

One by Wacomはペンタブして安値のものなので Type-C アダプタは付属していません。私はApple純正品を使用しています。

USB-C - USBアダプタ

USB-C - USBアダプタ

  • Apple(アップル)
Amazon

 

あると便利なもの

MacBookなどのノートパソコンはそのまま画面を見ていると姿勢が悪くなので、スタンドを利用しています。

スタンドを設置すると手元にキーボード・マウスが必要になるので、私はAppleのMagic KeyboardとTrackPad を使用しています。

最近は旧タイプの在庫がなくなってますね。新しいタイプのキーボードだと指紋認証ありのようです。(名称が同じでややこしいパターン)

マウスよりTrackPad派です。机上の場所を取らないのが良い点です。

 

【お絵描き】コスパ抜群の液タブ GAOMON PD2200 を購入してMacBook Airで使ってみました!

液タブ GAOMON PD2200がやってきた!

大型の液タブ「GAOMON 液タブPD2200」を購入しました。

GAOMON製品を購入したのは初めてです。21.5インチの液タブとしては大型サイズの製品としては格安といっていい価格でした。

 

MacBook Airと接続してメインモニタ兼液タブとして使用します。

外箱と比較するとMacBook Airのコンパクトさが目立ちます。

GAOMON PD2200 外箱とMacBook Airの比較

 

付属品

付属品は各種ケーブルや角度が変化できるスタンドとペン、ペン置きがついていました。ペン置きの中に替え芯が付いていました。

GAOMON PD2200 付属品

接続ケーブル以外の付属品としては簡素な各言語用の説明書や2本指グローブが同梱されていました。

GAOMON PD2200 付属品(説明書、指ぬきグローブ)

WacomやXP-Penみたいにお絵かき用のソフトウェアがバンドルされているわけではないんですね。だから安いのかな。

 

接続する

MacBook Airと液タブを接続します。

GAOMON PD2200とMacBook Airの接続開始

21.5インチとなるとさすがにケーブルの接続が大変ですね。先にスタンドを設置しておきました。

GAOMON PD2200 背面の接続

HDMIケーブルや電源ケーブルをどこに接続するのか本体を探したらこんなところにありました。背面の邪魔にならないところにあるんですね。

 

MacBook AirはGAOMON PD2200の背面に設置しました。複数ディスプレイがあるとお絵描きソフトを使う時に面倒なのでメインディスプレイのみです。

Apple 純正キーボードとトラックパッドを使用します。

Apple 純正キーボードとトラックパッドを設置

この後トラックパッドは少し離れた位置に移動しました。液タブはやや寝かせた角度で使うので手を置いて休める場所が欲しかったからです。

 

Apple Magic Trackpad

Apple Magic Trackpad

  • Apple(アップル)
Amazon

 

壁紙はMMORPG「World of Warcraft」を使っており、公式サイトからダウンロードできます。人気キャラクターが登場する書籍も発売されたみたいですね。WoW大好き。

ドライバ類のインストールとセットアップ

付属品にドライバー類のダウンロードURLが記載されているのでそこからダウンロードします。一点注意する点としては他社製の板タブ・液タブドライバがインストールされている場合は先にアンインストールする必要がありました。私の環境ではWacomのドライバがインストールされていたので、アンインストールするまでペンが誤動作することがありました。

インストール後、GAOMONのタブレットアプリケーションで設定を行っていると「セキュリティとプライバシー」画面で許可を行う必要があり、これらの操作を行った後、GAOMON PD2200でペン操作が可能になりました。

他社製品を既に使っている場合は要注意ですね。

使い勝手や描き心地

GAOMON PD2200付属のペンはややペン先が沈み込みはするものの、視差もなく非常に描きやすいです。お絵描きソフトの小さなボタンも比較的押しやすいですね。

デフォルトの色合いは暖色系な感じ。ここは好みに合わせて変更できます。

左右にパネルボタン(左がショートカット、右が管理用)がありますが、物理キーと違って、見ずに押すのは慣れが必要だと思います。(私はキーボードショートカット派なので使っていません)

液晶画面上にペンで線を引いた感じは大変良好でした。すごく描きやすいです。

角度調整可能なスタンドが同梱されているのもいいですね。メインディスプレイとして使用する場合は、角度を変えられるのでApple TVなど動画視聴もしやすいです。

こんな使い方も

驚いたことにM1 MacでiOS/iPad向けゲームもプレイできました。人気のJRPG「FANTASIAN」も大画面でプレイできます。

FANTASIAN

FANTASIAN

  • MISTWALKER CORPORATION
  • ゲーム
  •  

Xbox One用のワイヤレス(Bluetooth接続)ゲームコントローラーが使えました。

 

なぜ大型の液タブを購入したのか

突然なぜ大型サイズの液タブを購入したかというと、クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)検定に合格した勢いです。ベーシックは合格できたので次はイラスト、漫画、アニメーションのいずれかを受けてみたいですね。イラストはPhotoshopと競合していますが、漫画・アニメーションの制作はクリスタのシェアが圧倒的なんだとか。

mobilog.hateblo.jp

iPadやWacom Oneを使ってみて感じたのですが、画面サイズが10~13インチだとちょっと小さいんですよね。イラストはともかく、漫画やアニメーションに使うのは狭いかも。

実際GAOMON PD2200を購入してみてA4サイズそのままのサイズでお絵描きできるのでかなり作業環境がよくなった感があります。

液タブも買ったことだし、これからお絵描きもっとがんばらないとねー。('ω')

【クリスタ】スマホを左手デバイスにできるコンパニオンモードは全プラットフォーム対応で神機能でした!

クリスタ10周年記念版公開

先日公開されたCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)は10周年記念仕様らしく、様々な機能が追加されていました。

www.clipstudio.net

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT Ver.1.12.0アップデータ(Windows版/macOS版/iPad版/iPhone版/Galaxy版/Android版/Chromebook版)を5月26日に公開しました。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.12.0にアップデートいたしました。 

 

コンパニオンモードが便利

特に話題になっていたのがスマホを左手デバイスにできる「コンパニオンモード」です。iPadを制作に使用される絵師さん達がこぞって絶賛していましたが、この機能はPC・Macなど全プラットフォームで使えるそうです。

接続方法は↓こちらの記事に載っていました。

tips.clip-studio.com

スマートフォンを片手入力デバイスとして使用できるコンパニオンモードを全プラットフォームで使用できます。 ※コンパニオンモードを使用するには、スマートフォンと描画に使用したいパソコンやタブレットに、CLIP STUDIO PAINTをインストールします。 すでにインストールされている場合は、両方のデバイスのCLIP STUDIO PAINTを最新バージョンにアップデートしてください。 

 

スマホのクリスタアプリをコンパニオンモードで接続するとこんな画面が表示されました。

おお!左手デバイスじゃん!

コンパニオンモード

PCやMacだと画面サイズが大きく、画面を広々と使えるので主に左手デバイスでの使い方になると思います。iPadだと作品プレビューで常に作品全体を確認しながら作業に使えて便利ですね!(iPadだと左手デバイス代わりにエッジキー機能を使うと便利なのでそちらを多用しています)

現在の私のお絵描き環境である、MacBook Air + GAOMON PD2200でも問題なく使えました。初回の接続だけ不安定だったかも。液タブの専用ペンが反応しなくなりましたが、OS再起動すると問題なく接続できました。

GAOMON PD2200はおそらく最安クラスの大型サイズの液タブですが、価格の割には高性能です。大型の液タブが欲しいけどWacomは高いから・・・という方にオススメ。安かろう悪かろうではないんですね。

 

iPad版クリスタの左手デバイスに最適?

クリスタの左手デバイスといえば TABMATE ですが、私はMac環境では Apple の純正キーボードを使用してショートカットキーを多用しています。TABMATE は残念ながらiPadでは使えないようなのでスマホのコンパニオンモードを使ってみるのもいいかもですね。

 

今回使用してみたスマホ版クリスタのコンパニオンモードですが、iPad版クリスタで使用し、慣れてくると他の左手デバイスよりもかなり効率的な作業環境が構築できるのではと思いました。iPad版の機能を一部スマホ側でも利用できるので画面を有効に使えるし、さらに左手デバイスとしても使えるので神機能だと思いました。👍

CLIP STUDIO PAINT クリエイター検定を受験しようかな

CLIP STUDIO PAINT クリエイター検定

普段良く使うお絵描きソフトの検定試験が行われるそうで興味を持ちました。CLIP STUDIO PAINT クリエイター検定というそうです。

www.clipstudio.net

「CLIP STUDIO PAINTクリエイター検定」は、イラスト・マンガ・アニメーション制作に欠かせないツール「CLIP STUDIO PAINT」の知識を測る検定です。受験の過程で「CLIP STUDIO PAINT」に関する知識を深めることで、今まで描けなかったものが描ける、思い描いた通りの作品制作を楽しめるチカラが身につきます。また、技術の向上だけでなく、創作の幅や活躍の場が広がります。 

 

Web・出版・デザイン業界だとAdobeのPhotoshopを使う機会が多いですが、イラスト・コミック・アニメーションなどの制作現場ではCLIP STUDIO PAINTのシェアが大きいのだとか。

 

私が使用しているのは主にイラスト関連機能なのでPAINT Pro相当のベーシックを受験することにしました。

検定の公式ページに練習問題がありますが、けっこう難しいですね。

クリスタの公式ページに使い方の参考記事やTIPSなど載っていますが、手元で参照しやすい書籍(公式ガイドブック)を買っておきました。

CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブック 改訂版

CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブック 改訂版

  • エムディエヌコーポレーション
Amazon

検定試験の合格基準は60点以上だそうです。

 

お絵描き環境

MacBook Air と 液タブ Wacom Oneを使用しています。

f:id:TokSok:20220418132835j:plain

お絵かき環境

 

画像加工には板タブ(Wacom Intuos)を使用していますが、絵を描く時は液タブを使っています。

Wacom One専用周辺機器 Hi-uni という鉛筆のように使えるペンも気に入ってます。持ち心地はまさに鉛筆そのものです。クロッキーの練習がやりやすいかも。

 

お絵描き環境ですが、機器の配置を上から

  1. MacBook Air
  2. Wacom One
  3. キーボード + TrackPad

の順に配置しています。

左右にMacBook Airと液タブを配置すると違和感があったので、モニタを上下に配置しました。

 

MacBook AirとWacom OneはLENTIONのUSB HUBで接続しています。Wacom OneのACアダプタが不要なのでコンセントにMacBook Airのアダプタだけ接続しています。

 

コストパフォーマンス的にMacBook Airが一番良かったです。

左手デバイス代わりにApple純正キーボードを使用しています。Wacom OneはMacBook Airのキーボード上に設置しています。液タブの画面のすぐ上にMacBook Airのモニタを表示させています。

ペンを持ったままMacBook Air側のモニタを操作することがあるのでApple純正TrackPadを使っています。

Apple Magic Trackpad

Apple Magic Trackpad

  • Apple(アップル)
Amazon

 

あとは作業用BGMをMacBook Airに接続したCREATIVE USBスピーカーで聴いています。Apple Musicのサブスク契約でアルバムを選んで流しています。

 

【クリスタ】バージョン1.11.0からMac版でアプリケーションフレームが使用できるように

今月下旬にCLIP STUDIO PAINTのバージョン1.11.0がリリースされるそうですが、アップデート内容をチェックすると気になる新機能がありました。

www.clipstudio.net

CLIP STUDIO PAINT EX/PRO/DEBUT(Windows版/macOS版/iPad版/iPhone版/Galaxy版/Android版/Chromebook版) Ver.1.11.0アップデータを9月28日(火)に公開予定です。CLIP STUDIOもあわせて、Ver.1.11.0にアップデートいたします。 

 

それがこちら。Mac版のアプリケーションフレーム対応です。

アプリケーションフレームを使用できるようになります。[環境設定]ダイアログ→[インターフェース]の[アプリケーションフレームを使用する]より切り替えられます。 

 

公式の動画を確認するとクリスタを掴んで移動させていますね。

f:id:TokSok:20210923212842j:plain

CLIP STUDIO PAINT

これは非常に待ち望んでいた機能です。Windows版と違い、Mac版はそれぞれのWindowが独立していて実質サブディスプレイに移動できず、Wacom Oneなど液タブ側をメインに設定する必要があり、手間だったんですよね。

mobilog.hateblo.jp

 

 

Macでお絵描きする人には嬉しい追加機能ですね。

 

CLIP STUDIO PAINTはProグレードがコストパフォーマンスが良く、オススメです。

 

【Mac】M1 Mac向けに正式リリースされたDockerをインストールしました

今年のゴールデンウィークも首都圏は緊急事態宣言の中、自宅で過ごすことになりました。11連休を無為に過ごすのももったいないと思ったので、普段時間がなくてやれないことにチャレンジしてみたいと思います。 

 

まず思いついたのは、Dotinstallで日常の業務でカバーしきれていない技術について勉強することです。久々にDotinstallの講座をチェックすると、どうやら今後の講座はDockerを使用したものが増えていくようでした。

MacでDockerというとまだIntel Mac版がメインで、私が使っているM1 MacBook Airでは開発者向けにプレビュー版が提供されていたのですが、今月になって一般提供が始まったそうです。

 

M1 Mac用Dockerプレビュー版はインストールしていたものの、業務ではIntel Mac +VirtualBox+サーバー群を使用しているため、結局最初のチュートリアルを試す程度で終わっていました。

mobilog.hateblo.jp

 

しかし、そのうち仕事で使用しているIntel MacもApple Silicon Macに置き換わるでしょうし(その頃にはM2 Macかな?)、Apple Silicon MacでLinuxサーバー用x86_64バイナリをビルドするにはDockerが必要になりそうです。 (仕事ではGo言語も多少使います)

 

というわけで今月リリースされたM1 Mac用Docker(一般提供版)をインストールして勉強することにしました。

www.docker.com

Google翻訳

本日、Docker Desktop for Mac [Apple Silicon]の一般提供を発表できることを嬉しく思います。引き続き、コミュニティの開発者がローカル開発環境を選択できるようサポートします。

 

先にDockerプレビュー版はアンインストールしておき(プレビュー版は起動しなくなっていました)、インストール方法は公式の記載どおりに進めて、チュートリアルもやっておきました。

チュートリアルは簡単で起動されたDockerの画面でボタンを押すとコンソール画面で処理が進んでいきます。

docs.docker.com

 

インストールするとDockerアイコンの変化に気が付きました。プレビュー版と違い、丸いアイコンになっていますね。

f:id:TokSok:20210429085154p:plain

Dockerアイコン

Dockerというと開発者向けのイメージがあったのですが、最近は仮想化技術の初心者向け書籍だけでなく、サーバー監視向けの書籍にも出てくるようになっています。

図解即戦力 仮想化&コンテナがこれ1冊でしっかりわかる教科書

図解即戦力 仮想化&コンテナがこれ1冊でしっかりわかる教科書

 

 

わかばちゃんと学ぶシリーズにもDockerが登場しますね。(わかば本はGit・Web系など読ませていただきました)

わかばちゃんと学ぶ サーバー監視

わかばちゃんと学ぶ サーバー監視

 

 

業務では物理マシン・サーバーを相手にすることが多いため、これまでDockerを使用することはなかったのですが、近いうちに自分の仕事でも必須になりそうなのでこの機会に勉強してみることにします。👍

【Mac】macOSでディスクボリュームのサイズを調整する方法

ボリュームのサイズが少なくて困る

Intel Mac(Mac mini: macOS Catalina)でXcodeのビルドに使用しているボリュームのサイズが足りなくなってしまい、対処に困っていたのですが、Apple公式サポートページに対処方法が記載されていたのを見つけました。 

 

support.apple.com

このページの「ストレージデバイスのパーティションを拡大する」を試したところ、ディスクユーティリティを使用してmacOSを起動したまま作業を行うことができました。(作業中、OS再起動はありませんでした)

f:id:TokSok:20210417112124p:plain

ディスクユーティリティ

 Macを使い始めてまだ2年程度ですけど、ディスクユーティリティはストレージを初期化する際に使っていました。MacBookを売却する際に使いましたね。

f:id:TokSok:20210417112143p:plain

パーティション作成

ボリュームサイズの調整を行う

私の場合はシステムボリュームには余裕があり、 ビルド用のボリュームが不足していたので以下の手順で作業しました。

  1. 該当ボリュームのバックアップを取ってから削除する
  2. システムディスクのサイズを減らす
  3. 新たにビルド用のボリュームを作成する
  4. バックアップしていたファイルを新たに作成したボリュームに戻す

ここまでOS再起動なしに作業することができました。待ち時間も数分程度でした。Windowsのファイルシステムと比べると随分と柔軟ですね。

 

バックアップには本体から給電できるタイプのUSB HDDを使用しています。ディスクサイズが2TBあるのでTimeMachine用とファイルバックアップ用とでパーティションを分けています。

 

接続にはApple純正USBアダプタを使用しています。サードパーティでもいいのですが、トラブルを避けるために純正品利用です。

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ

  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: Personal Computers
 

 

M1 Macの人気がすごいですが、仕事ではIntel Macをまだまだ使うことになりそうです。

※記事中に使用した画像はM1 MacBook Air (macOS Big Sur)のスクリーンショットです。

在宅勤務でMacの前に長時間座っている毎日ですが、運動不足にならない方法を考えてみました

スタンディングデスク環境を模索する

コロナ禍で在宅勤務がもうすぐ1年になろうかとしています。

気になることとしては、出勤していた頃と比べると運動不足になってきたかなーという実感があります。体重は当時より減ったのですが、これはおそらく筋肉が落ちているのでは。健康面が気になります。

室内では本格的な運動はできないので、せめてスタンドデスク環境でも構築してみようと検討しました。座りっぱなしでの作業が良くないそうです。

スタンディングデスクを購入すると高いので、ノートパソコン用の折りたたみ式スタンドを購入しました。これを机の上に設置して使用します。

 

電動式昇降デスクは高いですね。4万円超えてます...。(;´Д`)

 

 

しかし作業の区切りが悪いのと設置が手間でなかなか利用頻度が上がりません。(;´Д`)<これはイカン!

ちなみに、立ち作業の時間確保は技術書籍を読む時に立って読むようにしたので改善できてはいます。

 

エアロバイクの活用 

そこで、Youtube等での技術動画視聴の際に、使わなくなったエアロバイクを活用してみようと思いました。 

f:id:TokSok:20210312070939j:plain

Youtubeでプログラミング勉強+エアロバイク

Youtubeでプログラミング講座の動画を視聴しつつ、10分~15分程度ではありますが軽くエアロバイクで運動します。

やってみた結果、これはなかなかいいですね。溜まっていたプログラミング系動画の消化もできますし、運動不足も解消できました。(最近はフロントエンド系の未視聴動画が溜まっていました)

 

ドラマやアニメ一本を視聴すると時間が長すぎるので、Youtubeの動画一本程度が無難かなと思います。 10分~15分というとちょうどプログラミング系の動画がそのくらいの長さなんですよね。

映画やアニメはさすがに休みの日にゆっくり座って見たいです。(;´Д`)<作品を楽しみたいし!

 

Apple M1 MacBookのバッテリー持ちが役立つ

こういう時役立つのはApple M1搭載MacBook Airですね。バッテリーの持ちも良く、ファンレスで動画視聴に最適です。軽いので持ち運びしやすいですし。(Intel CPUの頃は空冷ファンの音が凄かった...)

そのうちVR+エアロバイクで仮想空間サイクリングなんてコンテンツサービスもどこかで始まるかもしれないですね。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。