もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描きの記事が中心のブログです!

大画面ゲーミングモニターは視線の移動が多く疲れやすい(ただしFF14除く)

WQHDゲーミングモニターを購入したけれど

先日、32インチWQHDゲーミングモニタを購入してドラクエ10・FF11とSteamゲームなどで使用しています。WQHDですとウルトラワイドと違ってクロスプラットフォーム対応のゲームで不具合が少ないというメリットがあるのですが、ドラクエ10やFF11のような古いゲームだとちょっと事情が違ってきます。

mobilog.hateblo.jp

ウルトラワイドとFF14の相性の良さ 

FF14はウルトラワイドモニタ対応で非常に相性が良いです。ゲームプレイ時の没入感・操作性ともに抜群で、今すぐにウルトラワイドに替えることをオススメしたいくらいです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/TokSok/20200104/20200104195440.jpg

mobilog.hateblo.jp

 

 

古いゲームのUIは狭い画面を想定して作られている

しかし、ドラクエ10やFF11の場合は画面のUIデザインがそもそも4:3の画面比率だったり、XGAやHDをターゲットとしていたこともあって、画面が大きいと視線の移動も多くなってしまうんです。大画面でのゲームプレイは没入感こそあるものの、ドラクエ10やFF11には適していないように思います。特にこの2つのゲームは画面の端に重要な操作コマンドやデータ(パーティ情報、地図等)が表示される仕組みになっているので視線の移動が非常に多いのです。(そもそもWiiやPS2で始まったゲームですから)

mobilog.hateblo.jp

 

じつはFF14のUIは非常に良く出来ている 

FF14の場合は自分で自由にUIをカスタマイズできるので、使用頻度の高いUI(戦闘系)だけ中央付近に配置し、使用頻度の低いUI(ジョブの変更とかシステムメニュー)は画面の端に配置することができ、視線の移動は最小限に抑えることができます。

FF14のUIはカスタマイズの自由度が高すぎてネット上ではよくネタにされていますが、視線の移動と目の疲れ具合を考慮するとあれほどよくできたUIは他にないと思えます。 

  

最近、国内メーカーからFF14推奨ウルトラワイドモニターが発売されていますが、ドラクエ10、FF11をプレイする場合はウィンドウモードで横にブラウザ等を表示してプレイすることになるのでは、と思います。(FF14は仮想フルスクリーンが使いやすいかと)

 

FF14をプレイするのでなければ、用途的には27インチモニターで事足りるのではないか、というのが32インチWQHDモニター、ウルトラワイドモニターを購入して使ってみた者の感想です。

ただ、画面が大きいと動画サービスやWeb閲覧が快適にできて便利なんですよね。この点は大は小を兼ねるといいますか、大画面が人気な理由ではないでしょうか。

大画面ゲーミングモニターにはメリット・デメリットがそれぞれあるので、自分の用途に適したサイズのモニターを購入するのがよいかと思います。

登録ブログアンテナ: FFアンテナ / FF11ブログアンテナ / FF14アンテナ
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2019-2020 mobilog All Rights Reserved.