もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描きの記事が中心のブログです!

【お絵描き】初心者的に実際に使ってみて最初の液タブは Wacom One がいいかなと思ったこと

液タブは Wacom One が使いやすい

このところお絵描きの練習はpixiv senseiの動画を視聴しつつ、Windows PCで液タブ「Wacom One」を使用してやっています。

慣れるとWacomのペンは本当に使いやすいですね。線が引きやすいというか、引き始め~引き終わりまで何度描いても安定してます。

ペンタブだとこうはいきません。少なくともちゃんと円が描けるようになるまで練習が必要です。その練習も液タブの場合とはちょっと違います。あの独特の描画感覚を身に付けないといけません。人によってはこれが合わないようで、安くなったこともあって最近は液タブが人気のようです。

mobilog.hateblo.jp

 

上記の記事でも紹介していますが、Wacom Oneはエントリーモデルでエクスプレスキーなどはなく、その分まさにBasicな感じで憶えることが少なくて初心者には使いやすい感じです。

この液タブを使用するならMacよりWindowsがいいかなとも思いました。Macに慣れた人ならいいですけど、macOS10.15 Catalinaはかなり癖があるのでトラブルを避けるためにも初心者はWindowsで使ったほうがいいかと思います。セットアップも簡単ですし。

 

液タブだとディスプレイ表面がツルツルしているのでペーパーライクフィルムフィルムの購入を検討している人向けに、Wacom One専用のフィルムも用意されていました。

個人的にはWacom One標準の保護フィルムであまり気にはならないです。ペーパーライクフィルムだとペン先の摩耗が早くなりそうで。(替え芯は標準で付いています)

【上質紙に近い描き心地】2020年最新素材を採用し、表面特殊加工により上質紙のようにしっかりとした描き心地を実現します。滑りすぎないので線画が描きやすいし、従来品より圧倒的に書きやすいです! 

 

Wacom Oneを使って慣れてきたら上位グレードに買い替えればいいのかなと思います。ただ、他社の競合製品と比べるとやっぱり高く、そこが難点です。 

XP-Penはコスパがいいです 

価格性能比で見るとコスパ抜群のXP-Pen製品ですが、ペンに癖があってちょっと合いませんでした。ドライバの出来が原因なのか気になる挙動もありましたし。本体端に用意されたエクスプレスキー、ホイールコントロールは非常に便利なのですけど。

個人的に気になったのはYoutubeのレビュー動画に、XP-Penから動画投稿者へ製品を送っているものが多いことですね。受け取った側がマイナスになるような評価はしないでしょうし、やっぱり製品購入者のレビューがみたいところです。

その点、プロの絵描きさんの中にはしっかり批評されている方もいらっしゃって、さすがだなと思いました。

クリスタもすごい 

液タブもいいですけど、一番すごいのはお絵描きソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)かもしれません。もう結構な時間使ってますけど、まだ一度も強制終了など異常動作がありませんし。安定してますね。けっこうゴリゴリと拡大縮小回転や、取り消し・やり直しをやってるんですけどね。

Wacom製品を買うとクリスタが付属してくるのでコスパもいいです。使用期間がありますが、買い替えたときに付属のライセンスで更新(追加?)すればいいですし。XP-Penだと付属はOpenCanvasだったかな。こちらはWindows版のみでした。

 

漫画やアニメーションをやる人だとEX版が必要になるので少々お高くなりますけど、それも現在はサブスクサービスがあるようで、導入ハードルはぐっと下がったのかなという印象です。(Adobe製品は高すぎて手が出せない、サブスクも相変わらず高い)

最近はYoutubeに動画を投稿する絵描きさんの中にもアニメーションを作成している人がいらっしゃいますね。

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

  • 発売日: 2013/02/01
  • メディア: DVD
 

クリスタは個人的にオススメのペイントソフトです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。