もびろぐ

ゲーム、ガジェット、お絵描きの記事が中心のブログです!

楽天モバイルが頼んでいないのにSIMカードを送り付けてきたんだが

ある日のこと、郵便受けを空けると雑多な広告やらチラシの中に楽天モバイルからの郵便物が紛れていた。何かの勧誘だろうと思い、危うく捨てそうになったのだが、「SIMカード在中」と記載があったので思いとどまったのだ。

楽天モバイルからの郵便物

SIMカード在中

「契約変更とか何もしていないのだが、何事だろうか?」

と不審に思い、郵便物を確認するとSIMカードと一緒に「楽天モバイル最強プランへの契約変更案内」が入っていた。

筆者は結構初期の頃から楽天MVNOを契約し使ってきたのだが、特に楽天モバイルにこだわりはなく、ドコモでも他の事業者でも問題なかったのだが、移行が楽ならと思い、楽天MVNOから楽天モバイルへと契約を変えてみることにした。(プラチナバンド割り当てのニュースもあったことだし)

楽天MVNOから楽天モバイルへ契約変更

この変更はいわゆるMNPを利用することになる。設定は簡単で郵便物の案内に記載された通りに操作や手続きを行うだけだ。

SIMカードを差し替えた後、my楽天モバイルアプリ上では一応開通表示になっていたのだが、通話・通信ができないので楽天モバイルの公式サイトを調べたところ「楽天モバイル スタートガイド」というPDFファイルに、楽天MVNOで設定した内容を削除する必要があると記載があった。(APN構成プロファイルのことである)

筆者のiPhone12 miniでこの設定の削除を行ったところ、問題なくキャリアRakutenで5G通信が行えた。思っていたよりも簡単である。電波の入りもすこぶる良い。屋外でDQXツールを触る時にも多少はレスポンスが良くなることだろう。

 

楽天モバイルといえば事業開始から毎年赤字続きであり、楽天グループに大きな損失を与えている会社なのは周知の事実なのだが、MVNOを切っていよいよ通信キャリアとしての楽天モバイルに注力する気なのだろう。(そういえば以前から楽天モバイルへの移行の催促メールは届いていた)

楽天モバイルは赤字続きではあるものの、元々「楽天経済圏」と抱き合わせセットで事業計画を立てていたと思うので、グループ全体で赤字にならない程度には儲けを出してほしいものである。一応楽天株主だし。

 

ところで、楽天MVNOで契約していたSIMカードはどうするのだろう?通常この手のものは事業者に返却になるのだが、送られてきた郵便物にはそのあたりのことは何も書かれていない。(;´Д`)<捨てていいのか?

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。